Loading

ブログ

親が将来認知症などになり、財産管理できなくなる場合に備える方法は何かありますか?

任意後見制度を利用することができます。 任意後見制度とは、本人が判断能力が低下する前に公正証書で任意後見契約を締結しておき、この契約に従って、 本人の判断能力が不十分になったときに、任意後見人本人を援助する制度です。 任意後見制度の詳しい内容や手続きの方法などにつきましては、お気軽に当事務所にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

PAGE TOP